docomoショップの求人を探す時の注意点

今日では子どもからお年寄りまで様々な年代の人が携帯電話を持つ時代となっています。しかし携帯電話には様々なサービスがあるため、機種代金だけが月々の料金になるわけではありません。自分がどういったサービスを利用し、どういった割引が適用できるのかという内容をきちんと理解できている人というのは、実際はそれほど多くはありません。中には内容を把握せずに料金だけを重視し、割引適用外になったことに気づかず「料金が上がった」とクレームを言ってくる人も少なくはありません。そのため携帯電話を販売するショップ店員というのはしっかりとした説明をし、クレーム対応にも的確に対処できるスキルが必要です。携帯ショップには様々なキャリアがありますが、その中でも特に人気なのがdocomoです。

肉食系には楽しいdocomoショップの仕事

携帯電話にはいくつかキャリアが存在します。キャリアによって料金やプラン内容は様々なのですが、ネット環境が安定しており、また数多くのサービスを提供しているdocomoは消費者から絶大な人気を集めています。そのため携帯ショップで働くのであればdocomoショップがいいという人が多いのです。しかし携帯ショップには必ずノルマというものが存在します。新機種を売ればいいという単純な仕事ではなく、タブレットであったり、ポイントカードなど販売しなければならないサービスはたくさんあります。いくら大手企業であるからと言ってもこのノルマを達成させるのはそう簡単なことではありません。数字を追うことが好きな肉食系の人であればとても楽しい仕事ですが、数字に追われるのがプレッシャーになってしまう人には不向きな仕事です。人気キャリアだから売れるというわけではないということは事前に理解しておきましょう。

求人票に書かれた内容を重視してはいけない

携帯電話業界においてdocomoというのは大手企業になります。そのため多くの人材を雇い、福利厚生などの待遇面も充実しています。また情報化社会である今日においては携帯電話業界というのはこれからもどんどん注目され需要がのびていく業界であるため安定感があります。こうした安心感は求人票からも見てとれます。また特別な資格がなくても挑戦することができるため、未経験者歓迎と求人票に書かれていることがほとんどです。求人票を見る限りとても魅力的なdocomoショップですが、その100%が実現するかと言ったらそうではありません。お客さんがいればなかなかお店は閉店できませんし、毎日のように残業になることも珍しくはありません。また覚える事も多いため大変な仕事でもあります。待遇が良いということはそれだけ大変な仕事であるということが言えます。

2017年6月28日