インビザラインは2週間ごとにマウスピースを交換

スポーツ選手などはマウスピースを利用することがあります。力を入れる時歯を食いしばります。その時の力は非常に強く、そのままだと歯がぼろぼろになります。歯がぼろぼろになると力を入れることができなくなります。マウスピースがあれば歯の間に入ってくれるのでぼろぼろになるのを防いでくれます。一度作れば壊れることがなければずっと使えるでしょう。頻繁に交換することはありません。インビザラインはマウスピースを口に取り付けて歯の矯正を行っていきます。この時にどのように行っていくかですが、約2週間ごとにマウスピースを取り替えて行うスタイルになります。2週間ぐらいで最初のマウスピースの目的が達成され、その次の形にするために別のものに取り換えていきます。これらは歯科医師によって決められていますから、利用者は特に考える必要はありません。

インビザラインは認定医師のみが行える

医療技術には多くの医師が行えるものもあれば特定の医師しか行えないものもあります。高度な医療になると行える人が限られる場合があります。その医師から治療を受けようと待たないといけない場合があります。医療には医療技術以外に医療機器などがポイントになることもあります。素晴らしい医療機器でもそれが使えなければ意味がありません。認定された人しか行えない治療方法もあります。歯の矯正治療はすべての歯科医院で行えるわけではありません。矯正歯科を行っているところになります。さらにインビザラインを受けたい場合はこの治療の認定医師のみが行うことができます。この技術はアメリカの技術になっていて、認定医師とアメリカの技術者とが話し合いをしながらマウスピースの作成などをしていきます。矯正歯科ができるところすべてで行えるわけではありません。

インビザラインはオーダーメイドのマウスピース利用

スポーツ用のマウスピースは市販されています。そのまま噛むタイプもあれば、お湯などで柔らかくした後に噛みこんで自分の歯型に合わせるタイプもあります。どちらにしてもオーダーメイドではありませんからぴったりではありません。それでも行わないよりは効果が変わってくるので多くの人が利用しているようです。細かくオーダーメイドで作ろうとすると大変かもしれません。インビザラインではマウスピースを治療時に作っていくことになります。頻繁に作るので大変に感じることもあります。作るときにはすべてオーダーメイドでその人のその時の歯に合わせて作られます。1回目と2回目ではサイズなどが異なるので同じものを使わないようにしなければいけません。オーダーメイドですから誰かのものと一緒になることはありません。清潔に使うことができます。

Comments are closed