インビザラインは歯周病などになりにくい

歯の病気としてよく知られているのが虫歯です。歯に虫歯菌が付き、どんどん歯を溶かしていきます。ひどくなると神経まで達するために抜かなくてはいけなくなることもあります。虫歯は痛みがあるのでそれを機会に治療できる場合があります。それ以外に怖い病気が歯周病です。歯と歯茎の隙間などから歯周病菌が入り、歯をぐらつかせたりします。こちらは虫歯と違って痛みがないことが多いようです。歯を不潔にしていると虫歯や歯周病になる場合があります。防ぐには日ごろからのケアが必要ですが、ワイヤーで行う歯科矯正ではワイヤーが邪魔をしてケアがしにくいことがありました。歯周病になることもあったようです。インビザラインはマウスピースを用いる矯正方法です。歯磨きをするときには取り外してお行うことができるので歯のケアをしっかり行うことができます。

金属アレルギーの人でも使えるインビザライン

金属アレルギーの場合、特定の金属を身に着けると体に異常が発生することがあります。腕時計やアクセサリーを付けるとその部分が赤くはれたりすることがあります。かぶれた状態になるとなかなか治らなくなるので注意しなければいけません。体の外側につけることもありますが、内側につけることもあります。内側につけたとしても同様の問題が起こることがあります。歯の矯正をするときにワイヤーを取り付ける場合は金属アレルギーでない必要があります。金属アレルギーだとしみたり、痛みが出たりすることがあります。インビザラインはプラスチック素材のため金属アレルギーの人が利用したとしても使うことができます。痛みなどは発生しません。金属アレルギーが理由で矯正ができなかった人にはいい方法として利用が広まっています。嫌な感覚などもありません。

インビザラインだと規則正しい生活になる

昼の3時ごろになると少しずつ小腹がすいてくることがあります。子供であればおやつの時間と言われますが、大人ならティータイムになるでしょうか。お茶を飲んだり、ちょっとした茶菓子を食べたりすることがあります。食べること自体は必ずしも悪いことではないですが、人によってはだらだらと無駄な食事をしてしまうことがあります。3食で十分栄養が取れているならそれらは不要なはずです。インビザラインを利用して歯科矯正をすることで意外な効果があります。それは規則正しい生活になれれることです。食事の時には外さなくてはいけません。昼食などなら事前に外したりするので問題ないですが、おやつをちょっと食べるために外すのは面倒です。それを見られるのもいやでしょう。もちろん歯磨きなども必要になります。そのことからおやつを食べなくなります。

Comments are closed