インビザラインでコンプレックスを払しょく

歯に関するコンプレックスは人には言えないですが、歯並びの悪さや出っ歯など自覚をしており、矯正治療をいずれか考えているという意見が多いです。しかし矯正器具を装着するのは非常に抵抗があり、せっかく歯のコンプレックスを払しょくするために、器具のせいで二重のコンプレックスになります。全てのコンプレックスを無くすためには、透明のマウスピース型の矯正器具を装着することです。透明の器具のおかげで人に矯正中であることが悟られない上に、痛みを伴うこともなく、器具によって口内を傷つけることもないので、順調に歯並びの悪さと出っ歯を改善していくことができます。特に日本人は矯正をしている人口が諸外国と比べて少ないので、学校や職場内で目立ってしまいますので、目立たないインビザラインのおかげでコンプレックスを全て無くすことができます。

インビザラインは歯磨きなどがしやすい

毎日歯磨きをする人は多いでしょう。歯のみを行うのではなく、歯茎との境目などをこまめに行う必要があります。どうしても隙間などに磨き残しが出ることがあります。磨き残しがあるとそれをエサとして悪い菌がどんどん増えてしまうことがあります。歯は口の中なので鏡を見ながらでもなかなか磨くのが難しいです。丁寧に磨いているつもりでもどうしても磨き残しが出ます。歯の矯正を行う時、矯正器具としてワイヤーを取り付けることがあります。一度取り付けるとある程度の期間はそのままです。歯磨きもワイヤーをしたままで行います。その時にかなり歯磨きがしにくくなります。隙間が多いため、そこに磨き残しができる場合があります。インビザラインはワイヤーではなくマウスピースで行います。取り外しを自分で行うことができるので、歯磨き時には取り外して行います。

インビザラインは最初に目標の歯並びを決める

病気の治療を行う時、経過によっていろいろな方法を行っていくことがあります。ある方法を取って結果がこのようになったら次はこう、別の結果ならこうなどといろいろな手順を考えます。そのたびにどうなるかはわからないので最初に細かく方法を決めることができません。最初にすべてを決めておけば治療を受ける側も納得ができますし、いまどのような●段階かを知ることができます。歯科矯正ではワイヤーを使うことがあります。一応ある程度は悪い歯やどのようにするかなどを考えながら行います。でも一定期間ごとに見直したりすることがあります。最初にすべてを決めてしまうわけではありません。インビザラインは、基本的には最初にある程度歯並びを決めます。そして治療に入っていきます。そのために最終的な結果などをある程度知ることができるようになっています。

Comments are closed